このブラウザは動作対象外となる予定です。
引き続きエコルとごしのサイトをご利用いただくには、
サポートされているブラウザに切り替えてください。

※ダウンロードやインストール方法などにつきましては、
ブラウザの提供元へお問合せください。

活動レポート・ブログ

2023/1/14 箏の音色de初春エコル(エコルミュージックデイ)

# イベントレポート

開催日: 2023年1月14日(土)
場所: 1Fコミュニティラウンジ
出演: 林 早苗、日高 留美子

エコルとごしは環境学習施設でありながら、区民の皆さんの憩いと交流の場所でもあります。

週末午後のひととき、来館者の皆さんがコミュニティラウンジで気軽に音楽を楽しみ、気分をリフレッシュしていただけるよう新たに始まった企画。名付けて「エコルミュージックデイ」。

その第1回として、昨年夏の「LEDキャンドルナイト」の際にも素敵な演奏を頂き、大好評だった林早苗様とそのお仲間をお招きしました。

開演前は雨模様だったため「聴いてくださる方が少ないかもしれない…」と心配しましたが、 時間が近づくにつれて多くの方にお集まりいただきました!

新春にはお琴の音がふさわしいですね。今回は日高留美子さんとの二重奏。

厳かな筝曲定番の『春の海』からお馴染みの童謡や映画ヒット曲等、 美しく、広がりのある音に多くの方が魅了されました。

キッズスペースにいた赤ちゃんまでもが、泣き止んで静かに耳を傾けていたり、 子どもたちが曲に合わせて口ずさんでいたり、優しく楽しい時間でした。

最後のお二人からのご挨拶の際、会場にいた女の子がなんともかわいらしいラブレターを手渡しする場面も。

お手紙には、その日目にしたお箏の様子がきちんと丁寧に描かれており、林さんも日高さんも感激されていました!

林さん(左)と日高さん(右)。素敵な演奏、ありがとうございました!

今後も、さまざまなジャンルの生演奏を気軽にお楽しみいただける「エコルミュージックデイ」を開催していきます。2月はブラジル音楽を中心に多様なパフォーマンスを繰り広げる楽団「ショーロンポー」が登場。お楽しみに!

(事業担当)