施設概要

施設の役割

環境を楽しみながら
学ぶ事ができる
公園内の憩いと交流の場

地球温暖化による影響が年々顕著になる中で、その対策は世界共通の切迫した課題として更なる対策が求められており、国内においてもその対策や環境に関する学びへの需要が高まっています。
品川区では、こうした社会的な変化に対応し、より効果的に環境保全を促進するため、2018年3月「品川区環境基本計画」を策定しました。計画に示す、環境教育・コミュニケーションの充実や、環境保全について日常的に実践する人を育て、次代につなぐ環境都市の実現を目指すため、環境を体感して学べる施設として品川区立環境学習交流施設エコルとごしを整備します。

施設の構成

1F
コミュニティラウンジ 誰もが利用できる休憩スペースをはじめ、情報発信エリア、企画展示エリア、 キッズスペースを備えた、多機能ラウンジ
2F
地域交流室
ボランティア室
地域交流室は地域活動の場、ボランティア室は施設内や区内で環境に関するボランティアを行っている皆さんの活動の場
3F
多目的スペース 講座・講演会やワークショップを開催
展示室 温暖化対策をメインテーマとして、自分と環境との関わりを疑似体験できる大型映像展示と「みる・聞く・さわる」といった体感を重視した常設展示

主なエリア紹介